トップ > お知らせ一覧 > 「宝くじ」は誰が当たっているの・・・?
「宝くじ」は誰が当たっているの・・・?

2016.06.30 更新

 今年も来週7/6から「サマージャンボ宝くじ」が発売されるようです。

いつも気になってしまいますが、誰が当たっているのでしょうか?そんな疑問をみずほ銀行さんの調査「宝くじ長者白書」が解決してくれています。これは、2015年度に1,000万円以上の高額当せん者934人に調査していて、当せん者の年齢や職業、イニシャル(お名前)なども調べています。

それによりますと一番当せんしやすい属性は、、

女性は「購入歴10年以上で60歳以上、10枚購入したおうし座の主婦、K.Kさん」

男性は「購入歴10年以上で60歳以上、30枚購入したみずがめ座の会社員、T.Kさん」

なんだとか。。。

たぶんみずほ銀行さんが言いたいのは「これからもずっといっぱい買い続けてもらえれば、そのうち当たりますよ」ということでしょうか・・・(笑)

 

私たちは「ああ~、宝くじ当たっちゃったら何を買おう」と無駄な想像をよくしてしまいますが、この白書には「高額当せん者は実際に何を買ったか」ということもまとめてあります。

それによると、

1位 貯蓄 44.8%

2位 土地・住宅の改築や購入 16.8%

3位 車の購入 16.3%     【複数回答】

と、意外と堅実といいますか、実物資産に投じる傾向のようです。

ちなみに、パッと思い浮かびそうな「ブランド品の大人買い」は1.6% でした。

 

⇒詳しくはコチラ

ページトップへ戻る