トップ > 【主婦のみなさま向け】ママ歓迎の自転車で通えるお仕事を無料紹介
【主婦のみなさま向け】ママ歓迎の自転車で通えるお仕事を無料紹介

いつ なにをきっかけに社会復帰を考えますか?

 家事育児に専念されている主婦のみなさんが、「働こうと思ってから」、または「働ける環境・条件が整ってから」、職場を探しても、なかなか希望通りとは行かず、“割り切って” 自宅から近くて、急なお休みを取りやすいパート勤めを始める方が多いようです。

 こんなデータがあります。
 ご出産されて1年後にパートさんで働いている方は、3.6%ですが、この割合は段階的に増え、出産8年後には、36.8%までになっているそうです。

 これは、出産当初は「結婚前のスキル・経験を活かしながらも、育児への理解のある職場」があれば社会復帰しよう、と考えていましたが、なかなか見つからないので、「家事育児への責任感」と「家計」との葛藤から、自分のキャリアを捨てるケースが少なくないことを表しているデータではないでしょうか?
     
※もちろんこの解釈に当てはまらないような、はじめからパートさんとして働くつもりだった方もたくさんいるでしょうし、いろんな環境の方がいらっしゃることは承知しておりますので、決して、パートさんを社員さんより下にみているわけではございません。
弊社ではむしろ逆で、パートさんの労働環境を改善させる制度を企業やお店に啓蒙・提案しています。
(詳細にご興味ある方は、会社やお店の人事・採用担当者さま向けのページですが、コチラを参照ください)

 ともかく、正社員にしろ、パートにしろ、「自分や家庭の希望通りの職場がすぐ見つかることは稀である」 というのが現実です。希望に見合う職場を見つけるには、その時になってからあわてて活動するのではなく、就業活動を家事育児と同列の日常の中に置いて、「転職・社会復帰」 を常に意識できる情報・環境を得ておくことが必要だと思います。


 そこで当社では、従来の転職・アルバイト情報サイトのように、求職者である主婦のみなさんからの自発的な登録を待つのではなく、「主婦のみなさんが日常生活の中で、就業・転職を検討できる環境」、または 「主婦が主婦(求職者)を紹介・推薦し合う仕組み」 を構築しています。


 就業・転職を家事育児と同等の日常に組み込むことで、「いざ」 という時のための情報や心構え、知識などの準備と、「いつものあの会社(当社)がサポートしてくれる」 という安心感をご提供することで、主婦(求職者)のみなさんと近い距離感で存在していたいと考えています。
 そのためサービスのご提供先も、墨田区・江東区・中央区・江戸川区の地域限定・地域密着で行っています。 

 また同じ理由で、「すぐに働きたい」「来週から働きたい」と、お急ぎの方には、弊社はお役に立てませんが、「いつ社会復帰するかわからないけど、自分の希望にあう職場があれば復帰したい」「子どもが小学生になったら働きたい」とお考えの方は、まずは一度下記から問い合わせ頂くと、都度情報提供やご紹介をさせて頂けます。


 さらに、お問い合わせ頂けますと、コチラのページにもございます通り、貯蓄や住宅ローン・保険など、日常的に心配なことや、よくわからないことなどをいつでも無料でご相談頂けますので、お気軽にお問合せください。

※お問合せはコチラ。

社会復帰を決めたら、まずなにをしますか?

 育休明けに同じ職場に復帰できる主婦の方は、復帰の制度・支援が確立している「大企業」の「正社員」が中心ですので、全体の割合は改善傾向とはいえ、まだまだ主流にはなっていません。

 実際いろいろなデータを見てみます。
「第一子出産を機に退職 62%」
「働きたいが就業できていない主婦 約300万人」
「全国の既婚女性(25~34歳)の労働率 54.7%」
※「平成23年度版 働く女性の実情」厚生労働省 より抜粋


 また、女性の労働力率は63.0%(2011年:生産年齢15~64歳)と、約1,500万人が働いていないのが現状です。
 
 厚生労働省がまとめた“働く女性の実情“にも、「急速に少子高齢化社会が進行する中、将来にわたり安心して暮らせる活力ある社会を実現するためには、持続可能な全員参加型社会を構築していくことが必要。」との記載がある通り、女性の活躍を推進することは、企業や社会の活力に直結させることができると考えられています。

 ここで、男女問わず転職した人々の転職ツールを見てみると、

①転職サイト(リクナビなど) 67%
②ハローワーク 64%
③情報誌(タウンワークなど) 38%
④人材紹介会社 30%

※複数回答(派遣除く) n=400 an調べ
となっています。

 一方、子育て中の主婦のみなさんに同様のアンケートをとってみたところ、

①ハローワーク 71%
②転職サイト(リクナビなど) 64%
③情報誌(タウンワークなど) 36%
④新聞の折込求人 19%

※当社調べ
となりました。

 主婦のみなさまには共感頂けるのではないでしょうか?
ただ、1点気になることが出てきました。上の結果で4位につけている 「人材紹介会社」が、主婦のみなさまへのアンケートでは、5%で8位の結果でした。

 人材紹介会社の利用に大きな差 「30%⇔5%」があるのです。実際、ある紹介会社では、主婦のみなさまが働きやすいであろう、「営業職」+「残業なし」の正社員案件は1件もありませんでした。
 これはパートさんも同様で、ほとんどの紹介会社は低利益のパート案件は扱いません。
このように、“人材紹介”は主婦層にはまだまだ未知の分野となっていることが、この「5%」 の原因でした。

 しかし人材紹介会社を利用した人の80%が「利用して良かった」と回答しており、就職先決定率は24.6%と、転職サイトの21.6%を上回りTOPなのです。 
 また、「利用して良かった」理由を見てみると、「希望する求人があった63.6%」、「担当者が企業側とやりとりしてくれる44.1%」などの満足が多いのです。(2012年SBヒューマンキャピタル社調べ)

 これらのことからみても、人材紹介サービスは家事育児をしながら仕事を見つけたい主婦のみなさまにとっては有効なツールだと思います。 
 「紹介会社を利用してみようと思った理由」を見ても、「希望の求人を自分で見つけるのが大変 67.8%」と、仕事の希望や条件を詳細に設定したい・家庭を最優先にしたい、と考える主婦のみなさんにはマッチしたサービスといえます。

 加えて、ハローワークや転職情報誌にないサービスとして、履歴書・職務経歴書添削、模擬面接、業界勉強会などの社会復帰のためのプログラムを提供できることや、その企業との相性やフィーリング、経験・スキルだけでない適正に見合った追加求人紹介などができることも、大きなメリットになると思います。

 また、弊社は正式採用前に、1週間のお試し期間(インターンシップ)を設けていますので、双方にとってよりよいマッチングをして頂けます。これは、主婦のみなさんにとってはその会社やお店の雰囲気、上司や同僚との相性、業務の得手不得手や過酷さなどを入社前に体験した上で、正式に入社するかしないか・・・・の意思表示ができるので安心。だと喜んで頂いています。


ご不明の点はお気軽に問合せください。

☆お問い合わせはコチラ。

ページトップへ戻る