正体はおじさん

子どもたちの名言?集   2017/07/02 (日) 11:48 AM

子どもの勝手な思い込みには、いつも驚かされますよね。

 

子どもが言葉を覚え始める2.3歳って、やっぱりカワイイですよね。ウチの下の子もその頃は、「バンザイ」が「じゃんばい」。「セブンイレブン」が「セブンエルエル」。「カラオケ」が「コロッケ」でしたから、だいぶ笑わせてもらいました。

それが4歳にもなると、上の子に教わった『翼をください♪』の歌詞「♪~悲しみのない 自由な空へ~♪」 を 「~♪楽しみのない♪~」に替えて保育園で歌っているらしく、恥ずかしい思いをさせてもらいました。

 

今回は、そんな下の子にとってショッキングだった出来事を。

ウチは生協のパルシステムにだいぶ前からお世話になっているんですが、子どもたちとの会話では、パルシステムのキャラクターにもなっているので、「生協=モーモーさん」と言っています。「今日、モーモーさんの日だっけ?」 「モーモーさんのウインナー美味しいよね!」といった具合です。

そのモーモーさんは下の子が保育園に行っている時間にいつも来るので、彼女はモーモーさんのトラックはもちろん、配達員の方も見たことがなかったんです。

ところが先日、配送時間に変更があって、保育園帰りにちょうどウチの前で会ったんです。私がいつものように「どーもー、お世話さんですー」なんて配達員さんに声かけてたら、下の子が突然大きな声で・・・

 

 「えっ!! モーモーさんって、おじさんだったの Σ( ̄□ ̄|||) 」

 

・・・本人にとってはすごい発見だったようで、その日の夜は「モーモーさんっておじさんなんだよ」と、家族みんなに何度も何度も教えてくれました。。。 

コメントは受け付けていません。

トラックバックURL

http://shufu-chikara.co.jp/kanri/wp-trackback.php?p=1028